• コーディネイトサービス
  • ご紹介・契約までの流れ
  • 税理士・公認会計士
  • その他の専門家
  • 税理士の選び方
  • 税理士・社労士の無料面談
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 税理士の選び方
税理士の選び方
はじめに
個人であれ法人であれ、事業経営者の方は何らかの形で税理士事務所と付き合っています。
会社を創業し、順調に成長・発展している多くの中小企業をみますと、その陰には、税務相談、税務書類の作成だけでなく会社の様々な問題に対して助言、アドバイス、指導をしてくれる顧問税理士の存在があります。
貴社にあった優良な税理士・会計事務所との出会いは、成功への架け橋となります。自社にぴったりの税理士は一体どうやって探せばいいのでしょうか?
税理士の探し方
1.知人の紹介
友人、親戚が税理士であったり、取引先の社長であったり、税理士に依頼している方や以前に依頼していた方などが知人にいる場合には、その方に紹介してもらう方法です。
2.ホームページで直接探す
インターネット上で検索する方法です。
3.税理士紹介サイト(クロービック)に依頼する
登録している税理士のスキルやサービスを理解し、また依頼のあったお客様の希望やニーズを聞いて両者をマッチングする方法です。
4.税理士会や電話帳など
その税理士のレベルが解り難い為、最近ではあまりこの方法で探す方はいないようです。
さっそく税理士を探す
税理士への不満(税理士を変更されるお客様の大半が以下の内容に該当します)
顧問報酬が不明
顧問料は安いが別の名目で何かと請求される。何もしていないのにお金を払い続けることの疑問を感じる。決算料が高い。
訪問について
あまり会社へ訪問してくれない。税理士が対応せず、資格のない若い職員が訪問するので 試算表の説明すらまともにできないし、とても資金繰りや経営の悩みを相談できない。
スキルについて
税金の質問をしても「聞いておきます」と言ったきり返事がない。
得意とする分野以外は、対応してくれない。
税務調査について
税務調査に対応できない。
決算がギリギリ
直前になって、幾ら税金を払うのか言ってくるので支払のお金を用意するのも大変。
節税対策がない
資金繰りや設備計画があるし、節税対策や融資対策をして欲しい。
コミュニケーション不足
相性の問題もありますが、双方の誤解から感情的にしっくりいっていないケース
さっそく税理士を探す
税理士の選び方のポイントは?
まずは、顧問税理士に求めるサービス内容の確認をしてください。
  • 自社で経理をするので顧問料を安く抑えたい。
  • 丸投げしたい。領収書の整理から帳簿の作成までをお願いしたい。
  • 節税対策とかを希望する。
  • 月次決算の指導を希望する。
  • 税務調査が怖いから、国税出身の先生に頼みたい。
  • 経営計画書の作成・予算管理等経営の指導までしてほしい。
  • 確定申告、決算の時だけお願いしたい。
  • 入力は自社でするからチェックだけお願いしたい。
  • 月額顧問料の確認と顧問料以外の追加料の確認
  • 税理士が直接担当するかどうか
  • 自分の業界や職種に詳しいか(税理士のスキル)
  • 税理士・会計事務所との相性が合うかどうか(何でも相談できるかどうか)
  • 税務調査への対応はどうか
  • 試算表は、毎月きちんと出るかどうか
  • 期待するサービスに対応できるかどうか
  • 毎月定期的に訪問してくれるかどうか
単に顧問料が安いから、という理由で選ぶのではなく、多少顧問料が高くても安心して仕事を任せられる、信頼のおける税理士を選ぶことが一番重要です。
お問い合わせ税理士の紹介、起業についてのご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。
税理士・会計士やその他の専門家を探す